水虫の原因は「白癬菌」、感染させない対策法を知る

水虫末端ロゴ

水虫の原因は「白癬菌」が足に住み着いている?

白癬菌はカビ菌の一種類です。

水虫は「白癬菌(はくせんきん)」と呼ばれる菌によって起きている病気です。
白癬菌はカビ菌の一種で、肌の角質から体内に侵入して繁殖することで水虫を引き起こします。

白癬菌はヒトの髪や爪、角質、動物の毛や鱗などに含まれるケラチンというタンパク質を好んで栄養源とするカビです。 角質から入った白癬菌がケラチンを溶かして、表皮から真皮へと進んで行くと肌の奥深くに寄生してしまい、簡単に追い出すことはできません。

白癬菌に感染した肌が代謝によって剥がれ落ちたアカには、白癬菌が住み着いています。 皮膚から剥がれ落ちた白癬菌は数週間ほどで死にますが、 菌が生きている間に白癬菌がいるアカを踏んだり、触ってしまうと感染して水虫になることもあります。

白癬菌は高温多湿な環境を好む。

白癬菌が活発に活動し始めるのは温度15度以上、湿度70%以上の環境になった時です。 湿度が上がれば上がるほど白癬菌は活発になり、肌を浸食するスピードが上がり、感染は広く深くなります。 この性質から白癬菌は蒸れやすい夏期に活発になり、秋にかけて症状が軽くなることも多く、 乾燥しやすい冬期は白癬菌の活動性が低いことから、症状が治まることも確認されています。

水虫に悩む人が多いのは働き盛りの男性です。 一日を通して靴を履いて生活するので、足に白癬菌が好む高温多湿の環境が作られやすく、 年齢と共に水虫に悩まれる人が増加していきます。

水虫を男性特有の病気と勘違いされている方もいるでしょうが、 女性も靴やストッキングで足が蒸れやすく、水虫に悩まされている方は年々増加しています。 今では水虫の悩みを抱えている人は男女合わせれば、4人に1人居ると言われています。

水虫の感染と対策について

水虫の感染はどこからするの?

水虫は白癬菌が肌についたからといって、すぐに感染して症状があらわれるわけではありません。
白癬菌が肌についた状態で長時間放置したり、白癬菌が好む高温多湿な環境をつくることで感染し、水虫になります。 銭湯や家の足ふきマット、ジムやプールなどの多数の人が使用するような場所や物には、 かなりの確率で白癬菌が生息しているので注意が必要です。

肌の代謝によって剥がれおちたアカにも白癬菌は住んでおり、家族や友人が触れると水虫に感染します。 畳や床、スリッパなどにもアカは落ちるので、1人でも水虫に感染している人間が家族にいると、全員に水虫になる危険があります。

水虫に感染しない為に何をすればいいの?

水虫はしっかりと完治させることも大事ですが、白癬菌はカビの1種であり、体は白癬菌の耐性を持つことができません。 自分が完治しても家族に水虫が1人でもいれば、再感染する可能性があります。 水虫の感染対策をしっかり行うことで、家族に水虫を移さず、自分が再度感染する可能性を減らすことができます。 感染対策を行うことは、水虫の治療の中でも重要な項目の一つです。

白癬菌が肌に感染するには時間が掛かります。

白癬菌は肌についてから皮膚内に侵入するまでに24時間ほどのかかります。 足に傷がある場合は半分の12時間ほどで感染することがわかっており、 白癬菌が肌についてから12~24時間以内に足をきれいに洗えば、水虫の感染を防ぐことができます。

家に帰ってきた時や1日の終わりには、肌を傷つけないよう、優しく丁寧に足を洗って、清潔に保ちましょう。

靴は白癬菌の宝庫です。

靴は白癬菌が好む高温多湿になりやすく、アカが溜まりやすいので、感染に注意する必要があります。 まずは、白癬菌を取り除くため、可能な限り靴を洗いましょう。 洗えない靴は、雑巾や除菌シートなどで丁寧に拭き、しっかりと乾燥させましょう。

同じ靴は毎日履かないようにし、ローテーションを組み、2~3日の間は靴を乾燥するようにするのも有効です。 他にも、サンダルのような風通しの良い靴を履くと、白癬菌が活動し難くなります。

家族に水虫をうつさないために。

白癬菌を家族にうつさない為に注意したいポイントがあります。 以下の項目に注意しましょう。

  • 家や共有施設の足で踏むもの(マット、スリッパなど)は共有して使用しない。
  • 床は定期的に掃除し、アカなどに混じっている白癬菌を踏まないようにする。
  • 家の中でも風通しを良くして、乾燥させる。
  • 1日1回かならず足を洗うようにする。

以上の項目に注意し、家族や友人に水虫をうつさないようにしましょう。