水虫の種類は名前違い?感染場所で変わる水虫の秘密

水虫末端ロゴ

水虫は感染した場所によって病名が変わる。

水虫とは白癬菌が足に感染した状態の呼び名です。

水虫は白癬菌(はくせんきん)が感染した部位によって名前が変わります。
一般的に総評として呼ばれている水虫と言う名前も正確には、足に白癬菌が感染した状態である足白癬(あしはくせん)のことであり、 足白癬にも「趾間型(しかんがた)」、「小水疱型(しょうすいほうがた)」、「角質増殖型(かくしつぞうしょくがた)」の3タイプが存在しています。

足に水虫ができたことがきっかけになって、頭や手などの他の部位に感染が広がることが多くあるため、 足白癬になったら他の部位への感染に注意する必要があります。

足白癬の症状について知りたい方は、詳しくまとめたページがあります。 詳しくは水虫の症状のページをご参照ください。

水虫の症状について詳しく知る

爪の水虫(爪白癬)とはどんな症状?

爪の水虫「爪白癬(つめはくせん)」は白癬菌が手や足の爪に感染することで発症します。 足白癬の末期症状とされており、早めの治療が必要な症状です。

爪白癬について、まとめたページがあります。 詳しくは爪水虫のページを参照ください。

爪水虫について詳しく知る

股部の水虫(いんきんたむし)とはどんな症状?

股の水虫「いんきんたむし(股部白癬:こぶはくせん)」は白癬菌がお尻や性器などの患部に感染することで発症します。 主に男性が発症する印象の病気ですが、女性にも同じように感染します。

いんきんたむしは水虫に触れた手で患部を触ったり、公共のトイレやイスなどから感染することが主ですが、たまに性行為によって感染することもあります。 感染すると患部にかゆみや痛みが起こり、湿疹や水ぶくれがあらわれます。 症状が悪化すると患部が広がっていき、お尻にも症状があらわれます。

下着の内部が蒸れることで症状が進行しやすくなるので、汗をかきやすい夏場は特に注意する必要があります。 風通しのいい服装を心掛け、いつも体を清潔に保ちましょう。

手の水虫(手白癬)とはどんな症状?

手の水虫「手白癬(てはくせん)」は白癬菌が手に感染することで発症します。 足白癬と比べると発症するのはきわめて稀で、足から感染することが多く、 足の爪を切るなど足に直接手を触れるときや、足拭きマット、スリッパなどに触れた時に感染します。

白癬菌は高温多湿な環境を好み、露出していることが多い手では白癬菌は感染し辛く、 1日に何度も手を洗うことが多いので、手白癬が発症するのはごく稀です。

手白癬の症状には、足白癬同様に「趾間型」、「小水疱型」、「角質増殖型」の3タイプが存在していますが、主に角質増殖型を発症していることが多いです。
症状の詳細は足白癬と変わらないので、詳しく知りたい方は水虫の症状のページをご参照ください。

水虫の症状について詳しく知る

頭部の水虫(しらくも)とはどんな症状?

頭の水虫「しらくも(頭部白癬:とうぶはくせん)」は白癬菌が髪の毛や頭皮に感染することで発症します。 小児に多くみられる症状でしたが、成人している方への感染も増えています。

しらくもは水虫の治療をするために、患部に触れた手で頭皮や髪に触るなどが原因で感染します。 その他にも、ペットの動物を介して白癬菌が感染することもあります。

白癬菌が毛穴に入り込んで感染することで、簡単に髪の毛が抜けるようになったり、 乾燥した皮膚が剥がれ落ちる「落屑(らくせつ)」が起こります。 脱毛部位が丸くなるので、円形脱毛症と混同されがちですが、円形脱毛症では落屑が起きることはほぼないので、 もし落屑の症状が確認できたらシラクモに注意する必要があるでしょう。

体部の水虫(ぜにたむし)とはどんな症状?

「ゼニたむし(体部白癬)」は白癬菌が足、手、爪、頭部、股部以外の肌に感染することで発症します。

ゼニたむしの名前の由来は、皮膚が銭の形に赤く丸く腫れるからで、 水虫の患部に触れた手で患部を触ったり、公共のトイレやイスなどから感染することが多いです。 人からだけでなく、犬や猫などの動物から感染することもあります。

ゼニたむしの症状は、かゆみを伴う赤い円形の湿疹が体にでき、症状が進行するとだんだん大きく、周りへ広がっていきます。 夏場は白癬菌が活発になりやすく、症状が進行しやすいので、感染に注意しましょう。