ニゾラールで水虫を治す。殺菌効果で白癬菌を退治します!

ニゾラールロゴ

ニゾラールとは?

ニゾラールはケトコナゾールを主成分とした抗真菌薬です。

ニゾラールとは、ヤンセンファーマ社から販売されている医薬品です。

イミダゾール系に分類されるケトコナゾールを主成分として使っており、真菌の感染による水虫、カンジタ、脂漏性皮膚炎などの治療に使われています。

ニゾラールは4種類のタイプが販売されていて、通販でのみ購入できるニゾラールシャンプーはAGA治療にも効果があり 、注目を集めています。

ニゾラールの効果

ニゾラールは真菌の細胞膜を破壊して殺菌します。

ニゾラールの主成分であるケトコナゾールには、真菌の細胞膜に必要な成分であるエルゴステロールの合成を阻害する効果があります。

エルゴステロールが供給されなくなった細胞膜は、形を保つことができず、死んでしまいます

ヒトの細胞にも細胞膜はあります。真菌の細胞膜と違いヒトの細胞膜はコレステロールによって作られており、ケトコナゾールはこの成分の違いを利用して、真菌に殺菌効果を発揮します。

この効果で水虫だけでなく、カンジダや脂漏性皮膚炎などの感染症にも効果を発揮します。症状によって治療期間がかわりますが、根気よく治療をすることが重要です。
詳しくはニゾラールの効果のページをご参照ください。

ニゾラールの効果について詳しく知る

ニゾラールの特徴と使い方

ニゾラールは症状に合わせて1日1回塗りましょう!

ニゾラールにはクリームタイプ、ローションタイプ、シャンプータイプ、錠剤タイプの4種類が存在しています。

すべて同じケトコナゾールを主成分に使っていますが、タイプによって使い勝手が違うので、症状に合わせて使う必要があります。

基本的には1日1回患部に塗れば効果を発揮しますが、症状によっては使用回数が異なっています。正しく把握して症状の完治を目指しましょう。

シャンプータイプは通常のシャンプーと同様な方法で髪に使用することができますが、医薬品に分類されているので使用する回数は週に1~2回程度に抑えるようにしましょう。
詳しくはニゾラールの特徴と使い方のページをご参照ください。

ニゾラールの特徴と使い方について詳しく知る

ニゾラールの副作用と注意点

ニゾラールの体へのリスクを減らす。

ニゾラールを塗り薬として利用する分には、副作用はほとんど起きることはありません。

ニゾラールは肌から体内に吸収される量が少ないので、用法・用量を守ってさえいれば可能性はとても低いです。

しかし、人によっては肌に合わず、刺激感や発赤などの症状が起きることがあります。ニゾラールの錠剤タイプは、体内から直接吸収されるため、副作用に注意が必要です。

詳しくはニゾラールの副作用と注意点のページをご参照ください。

ニゾラールの副作用と注意点について詳しく知る

ニゾラールの通販

ニゾラールは通販で簡単に購入できます。

ニゾラールは市販されておらず、購入する場合は病院での処方か、通販での購入のどちらかになります。

クリームタイプ、ローションタイプは病院でも処方してもらうことができますが、シャンプータイプ、錠剤タイプは購入することはできません。

通販を利用しての購入なら病院に行く手間をかけず、すべてのタイプを購入することができる為、お仕事などで忙しく病院に行く暇がない方にとてもおすすめです。
詳しくはニゾラールの購入のページを参照ください。

ニゾラールの通販について詳しく知る