ニゾラールの効果、「有効成分ケトコナゾール」で水虫を治す

ニゾラール末端ロゴ

ニゾラールはどんな効果がある?

ニゾラールには、白癬菌などの真菌を殺菌する効果があります。

ニゾラールは主成分にケトコナゾールを配合しており、水虫の原因である白癬菌などに対して効果を発揮するイミダゾール系の抗真菌薬です。

真菌の細胞膜を作っている成分「エルゴステロール」の合成を阻害する選択毒性によって、真菌の働きを抑えて殺菌します。
ニゾラールは以下の症状に効果があります。

  • 白癬菌を原因とする水虫、たむし(爪水虫を除く)
  • カンジタ菌を原因とするカンジタ症
  • マラセチア菌(癜風菌)を原因とする癜風、脂漏性皮膚炎

塗り薬として治療に使われているニゾラールは、毛髪、角質、表皮などの体の表面にあらわれる症状に効果があります。

真菌による感染症で悩まれているほとんどの方は、白癬菌が原因である水虫やたむしに悩まれており、ニゾラールは爪水虫以外の「趾間型」「小水泡型」「角質増殖型」「股部白癬」など症状にとても効果があります。
詳しくは水虫のページがあります、水虫の症状のページを参照ください。

水虫の症状について詳しく知る

ニゾラールの真菌に対する殺菌効果は?

ニゾラールは人間と真菌の細胞膜の違いを見分けて、真菌の細胞膜のみを壊して殺菌します。

真菌の細胞膜はエルゴステロールと言う成分によって作られています。
エルゴステロールはアセチルCoA、メバロン酸、スクアレン、ラノステロールなどの成分を経て、エルゴステロールに合成されています。

ニゾラールの主成分であるケトコナゾールは、ラノステロールをエルゴステロールに変化させる酵素の働きを邪魔します。 エルゴステロールが真菌の細胞膜に供給されなくなると、細胞膜が形を保つことができなくなり死んでしまいます。この作用によって真菌を殺菌しています。

ヒトの細胞にも細胞膜は存在していますが、使われている成分が真菌と違い、脂質として有名なコレステロールが使われています
この成分の違いを利用してニゾラールはエルゴステロールのみの合成を阻害するように働きます。

ニゾラ-ルには抜け毛を防ぐ効果があります。

脂漏性皮膚炎とは、マラセチア菌が原因で起こる症状で、皮脂の分泌が多い頭皮や鼻などにフケや湿疹があらわれ、頭皮に感染すると脱毛を引き起こします。

ケトコナゾールが配合されたシャンプーを使うことで、脂漏性皮膚炎を治療することができます。
ケトコナゾールには、脂漏性皮膚炎を治療するだけでなく、脱毛の原因となる5αリダクターゼを抑える働きもあるのでAGAなどに悩まれる方は、ケトコナゾール配合のシャンプーを購入してみてはどうでしょうか?

ニゾラールはニキビにも効果がある?

ニキビができる原因はアクネ菌によるものが主です。
ですが、アクネ菌ではなく真菌によってニキビがあらわれることがあります。

真菌が原因のニキビにニキビ治療薬は効果が無いので、真菌に効果があるニゾラールを使って治療を行います。

ニゾラールを使っての治療はどのぐらいの時間がかかるの?

ニゾラールを使用しての治療期間は症状によって異なってきます。

水虫、たむしの場合

水虫やたむしにニゾラールを使うと1週間ほどで症状は治まります。
しかし、完治するには肌をターンオーバーによって一度生まれ変わらせなければいけない為、2~3ヵ月ほど治療に掛かります。

カンジタ症の場合

カンジタ症にニゾラールを使うと2週間ほどで治療できます。
もし使用しても症状に改善が見られない時は医師の診察を受けましょう。

癜風の場合

癜風にニゾラールを使うと2週間ほどで症状に改善が見られます。
完治するまでには3~6ヵ月ほど掛かると言われており、 再発しやすい症状なので最低でも1年間は注意が必要です。

脂漏性皮膚炎の場合

脂漏性皮膚炎にニゾラールを使うと1~2週間ほどで症状に改善が見られます。
顔にできたものなら2~3週間、頭皮にできたものなら4~6週間ほど完治に掛かります。